今の小学生ってムダ毛の処理も手を抜きません

小学校五年生の娘の事なのですが、今の小学生ってびっくりですよね。短いスカートを履きこなしてるし、髪型だって大人並み、ムダ毛の処理も手を抜きません。
私自身が小さかった頃は、むだ毛の事などまったく考えもしませんでした。大人っぽい子でも中学になってからワキ毛の処理を始めていました。

うちの子は少々幼い方なのですけど、周りの友達に眉毛のお手入れや指の毛の事に関していろいろ言われたようです。「わたしって毛深いの?」と言っていました。
何とかならないかなと思って、娘専用のかわいいシェーバーを買ってあげたのです。また、むだ毛のお手入れ方法を教えてやりました。まゆは危なっかしいので私が手伝いました。

2・3日後に、また眉毛の手入れをしてほしいと娘に言われましたが、バタバタしていたため後で時間ができたらねと言って忘れていたのです。そうしたら娘が剃刀を使ってまゆ毛を自己処理してしまっていたのです。

まゆ毛とまゆ毛の間の無駄毛をカミソリでジョリーっと剃ってしまいました。眉毛が短くなって、クラスメイトに笑われたそうです。3週間ほど経って、どうにか薄く生えてきたので、今はもう笑い話になりました。

わたしは夏季を迎える前からサロン通いを始めて8~10週に一回来店するようになりました。これまでは自力でお手入れをしてたのですがどうしても直ぐにツンツンしてきて始終ケアする必要があるので大変になり、肌もぶつぶつになってきてカミソリ処理がいけないみたいで少々ムダ毛の処理についてどうにかしないとと考え、美容脱毛に通おうと思いました。

という事で暑くならないうちからスタートさせて滞りなく脱毛処理をやっていたんだけれど、暑い時期が過ぎすずしさも増し湿度も低下する時期に入った頃にわたしの腕部分が乾ききってしまいカサカサになっていてそのまんまいつもと同様にお手入れをしに訪れたら「施術は無理」とのことでした。
ドライスキンだと美容脱毛の光照射が行えない、皮膚によくないしちゃんと美容脱毛の結果が出なくなると聞かされて、それから脱毛のために脱毛施術する場所の乾燥対策をちゃんとするようになって、ボディークリームを日々塗りこむようになりました。

そうしたことにより毛が抜けてツルツル肌になりさらにうるおいも保たれて肌理が整い良い事尽しでキレイな肌になりました。

今アラサーの自分ですが、この前子供が誕生しました。お産の後に自分の両ワキを目にして衝撃を受けたんですが、ムダな体毛で全面的に両脇が埋め尽くされていたのです。出産前までのあたしは、脇毛は片方しか生えておらず、しかも柔らかい毛が二本ほど生えている程度でした。

なんだってこんなにも多くのワキの毛が発毛してしまったのかと首を傾げるばかりです。出産などを経験すると女性の体は以前と異なってしまうのだと体感しました。

話し変わって、自分は妊娠のかなり前の20歳の頃に、ひじ下とヒザ下と脇の下の永久的な脱毛にかなりの金額をかけてやっていました。もともと少々体毛は多かったのですが、当時は若さも手伝って毛深いのが耐えられなくなり足を運んでいました。

どんだけ行ったか覚えていませんが、脱毛エステの決った脱毛処理の数しっかりと施術をやりました。という事で、処理したばかりの時は成果があり、つかの間は無駄毛にストレスを感じない日々を過ごしてきました。
しかし、時間の経過に伴いチョロっと薄い毛が伸びてきました。この頃ではフサフサする程度です。一度の永久的な脱毛では毎日の無駄毛のお手入れは、やらざるを得ないみたい。

キレイモ 吉祥寺